[PR] ネット証券 オークス ダイワスカーレット 口コミ情報局
オークス ダイワスカーレット・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークス ダイワスカーレット


華麗なる桜女王ダイワスカーレット

オークスどうでしょうね?

仕上がりはすごくいいようですよ。

詳しくはこちら

「オークス・G1」(20日・東京)、“オークス仕様”で2冠制覇を狙う。桜花賞馬ダイワスカーレットは栗東坂路で、レース本番を想定した最終追い切りを敢行。二千四百メートルの距離に対応させるため、終始パートナーの後方につけて我慢をさせる内容だった。スムーズに折り合い、フットワークも軽快…陣営の思惑通りに仕上がった。史上11頭目の牝馬春2冠Vの快挙へ、臨戦態勢は万全だ。
 抜き去る必要はなかった。ダイワスカーレットは栗東坂路でランペイア(3歳500万下)と併せ馬。スタートからパートナーの後方にピッタリとつける。最後までポジションは変わらない。桜花賞馬は気負う様子もなく、闘志を内に秘めたままでフィニッシュを決めた。4F53秒0-39秒1-13秒1。軽快なフットワークで、余力を残しながら駆け上がった。
 本番を想定した追い切りだった。これまでは併せ馬でも抜かせるようにしていた。ただ、今回は未知の二千四百メートル。折り合いに重点を置いた。感触を確かめた安藤勝は納得の表情を浮かべた。
 「先週ある程度やってるので、体はできあがっている。テンションが高くなくて、いい感じだった」。いつでもはじけそうな雰囲気を漂わせながらも、鞍上の指示に素直に従った。デビュー当初は気性の激しさに手を焼いたが、レースを重ねるごとに落ち着きも出てきた。「女の子は普通、使っていくとテンションは高くなっていくけどね」と、3歳牝馬離れした精神力に目を丸くしていた。
 陣営はここを目標に新たな手を打った。栗東坂路を上がる前の準備運動にも、これまで以上に時間を費やした。無駄な力を抜くためだ。本番を見据えた日々の積み重ね。「理想の形を描いている」と、実を結びそうだ。
 不安がないわけではない。「二千メートルまでなら問題ないけど、あとの2Fは分からない部分はある。とにかくリラックスして走ってくれれば」。スタンド前からのスタート。大観衆の声援に過剰に反応する危険性もある。ただ、この日の落ち着いた動きなら無事にクリアしてくれそうだ。「今なら二千四百メートルでも」と、主戦は改めて笑顔を浮かべた。
 桜花賞ではウオッカを破ってタイトルを手中に収めた。ライバルはダービーへと向かったが、ここは桜の女王として、主役の座を譲るわけにはいかない。「今までと違って追われる立場。間違いなく能力はあるので、とにかく自分の競馬をすれば結果はついてくると思っている」。最大の敵は自分自身。やることはすべてやった。臨戦態勢は万全。あとは持てる力を出し切って、2冠を勝ち取るだけだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/3165328/
スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。