[PR] ネット証券 ヴィクトリアマイル デアリングハート 口コミ情報局
ヴィクトリアマイル デアリングハート・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイル デアリングハート


血統のよさで勝負のようです。

最後の伸びがいいようですね。

「ヴィクトリアマイル・G1」(13日・東京)は“サンデー娘”の走りに注目だ。昨年はサンデーサイレンス産駒が1~3着までを独占。偉大な種牡馬の力をまざまざと見せつけた。今年も強力なラインアップ、4頭がスタンバイ。昨年に続く上位独占も十分にある。 
 昨年新設されたヴィクトリアマイルは、1番人気ラインクラフトが中団でもがく中、サンデーサイレンス産駒が長い直線で一気に伸びてきた。1着ダンスインザムード、2着エアメサイア、そして3着ディアデラノビア。“圧巻”のワン・ツー・スリー。02年に惜しまれながらこの世を去った大種牡馬の力を、改めて知らしめたシーンだった。
 

今年は4頭が参戦。いずれもV圏内の実力馬ばかりだが、中でも東京マイルにキラリと光る実績を持つのがデアリングハート。昨年は6着に敗れたが、05年のNHKマイルCでは牡馬相手に2着と好走。千八の府中牝馬Sも制しており、東京コースとは相性がいい。
 「器用さがあるし、小回りでも対応できる。でも左回りの広いコースが走りやすいみたいだね」と管理する藤原英師。6日の競馬終了時点で、驚異の連対率39・0%(次位は松田国師31・6%)をマークしている41歳の若きトレーナーは、続けて“血統”の力をこう表現した。「体は小さいけど、最後の坂でグイッと伸びていく感じがあるもんなあ」。底力の試される舞台だからこそ、最後は血統がモノをいう。
 木曜朝は栗東角馬場でじっくり体をほぐした。金曜に輸送して、前日の土曜は東京競馬場で最終調整を行う。「落ち着いている。肉体以上に精神面の成長が大きい。輸送しても大きなマイナス体重にならないはず。相手は強いが、牝馬同士ならチャンスはある」。府中の長い直線を、力強く切り裂く。

http://news.livedoor.com/article/detail/3154684/
スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。