[PR] ネット証券 キングス3歳マイル王になるか? 口コミ情報局
キングス3歳マイル王になるか?・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングス3歳マイル王になるか?


絶好調の大久保龍志きゅう舎に乗れ。皐月賞7着から「NHKマイルC・G1」(5月6日・東京)に挑むアサクサキングスが、狙いを定めて3歳マイル王に直進。質の濃い調教を栗東坂路で重ねて、確実な上昇線を描いている。先週は春の天皇賞でエリモエクスパイアが2着し、青葉賞、スイートピーSのトライアルを制覇。14勝で関西リーディングで首位に立った。快進撃のきゅう舎の追い風を受け、2戦2勝の得意の府中で羽ばたく。
 牡牝のトライアルを制した同級生コンビに続き、先輩は春の盾で2着。チームメートが作り出した勢いを、ここで止めるわけにはいかない。つながれたバトンをしっかりと受け継いで、アサクサキングスが出陣。広大な府中の舞台で、3歳マイル王の座を目指す。

 雨粒を浴びながら、1日は余裕たっぷりに栗東坂路を1本消化。全長800メートルの坂道を踏みしめて、シンプルな鹿毛の馬体が躍った。寺島助手は「この中間は坂路を1本にしているんですよ。1回使ったことで、馬の雰囲気はいいですね」と話す。7着に敗れた皐月賞から中2週での参戦。わずかな期間を肥やしに変えて、そのボディーは膨らみ続けている。「前走で馬体が減っていましたから」と、まずはその点のケアに重点を置いたことを強調した。
 馬体の回復に加えてもうひとつ、修正プランを遂行。牡馬クラシック1冠目で感じた課題を、即座に調教パターンに組み込んでいる。そう、ホームストレッチでの“伸び脚”強化だ。1週前追い切りでは、そのスピードを後半に使うことに重点を置いた調教を行った。「急激に変わるものではないと思いますが、少しでも切れ味が出れば、と。坂路で調整しているのはその意味もあります」。瞬発力の強化には、平地コース以上にメリットが多いとされる坂路。タイトル奪取に向けて、どこまでもどん欲にトレーニングを課している。
 04年の春の天皇賞を堂々と逃げ切ったイングランディーレに、強烈な末脚で02年オークスを制したスマイルトゥモロー。表現の仕方こそ違うが、父ホワイトマズルが産駒に伝える魅力は、その爆発的な走りだろう。粗削りな血は、キングスにも余すところなく伝わっている。「調教でも行かせたときはすごい。止まらないぐらいですよ。折り合いを欠くわけではありません。スピードがありますね」と寺島助手はそのパワーに舌を巻く。
 京都の外回りコース、広い東京で強烈なパフォーマンスを見せてきたタフな血。小回りの中山コースから2戦2勝の舞台に拠点を移すことで、これ以上ない舞台設定が整う。スピード+直線の伸び-。トータルで磨きをかけて、3歳マイルチャンプの座を奪取する。

まあ、ダメでしたけどね・・・・・

いや、あの馬券は買えないって・・

http://news.livedoor.com/article/detail/3144007/

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。