[PR] ネット証券 青葉賞 オーシャンエイプス 口コミ情報局
青葉賞 オーシャンエイプス・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉賞 オーシャンエイプス


ダービーTR「青葉賞・G2」(28日・東京)、新緑がまぶしい季節に、スター候補生が東上。オーシャンエイプスが、ダービー(5月27日・東京)のトライアルに参戦する。鮮烈な新馬勝ちのあと、思わぬ回り道をした。出走には抽選突破が必要だが、潜在能力は間違いなく一級品。長い直線で、淀の直線で放った衝撃がよみがえるか。
 長い直線で、圧勝劇を演じた姿を取り戻す。強烈なインパクトを刻んだ初勝利のあと、オーシャンエイプスに2度目の勝利は訪れていない。高性能を示しながら続けた足踏み。その間にも、時は容赦なく進む。世代の頂点を決める舞台の席も、残りが少なくなってきた。トライアルでの権利奪取に力が入る。

 あの馬を思い起こせた新馬戦。持ったままで8馬身の差をつけた。たった1度のパフォーマンスで、きさらぎ賞は1・3倍の1番人気。想像を絶する勝ちっぷりに、ターフを去ったディープインパクトが重なったからに相違ない。だが、大器は挫折を味わう。ソエも影響して4着、仕切り直しの前走も3着に沈んだ。
 大外を回ってメンバー最速の上がりで追撃したアザレア賞は、スローペースで前の馬を捕らえ切れず。ソエの不安が解消していただけに、悔しさが充満した。「状態は安定している。次が真価を問われるレース。期待は大きいので応えたい」。周囲の思い、高いポテンシャルを誰よりも感じているからこそ、日迫助手の胸にも複雑な思いがある。
 父マヤノトップガンも1月の京都でデビュー。2勝目は5月の中京だったが、秋には菊花賞馬に輝いた。「抽選から勝負だからね。運も実力のうちだから、ここのクジ運で」と笑う。まずは関門をくぐり抜けなければならない。跳びが大きく府中の馬場は歓迎。ダービーで衝撃を刻むため、残されたチャンスに賭ける。

またまた、ディープ並という話w

いやはやすごい馬がどんどん出てきますなあ。

超一級品らしいです。

父親のマヤノトップガンというのもΣd(・∀・)イイ!!

単に、個人的に好きだったという話ですがww

http://news.livedoor.com/article/detail/3134607/

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。