[PR] ネット証券 アイホッパー 重馬場なんのその 口コミ情報局
アイホッパー 重馬場なんのその・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイホッパー 重馬場なんのその


「天皇賞(春)・G1」(29日・京都)、アイポッパーは栗東DWでしまい重点。数字以上の切れで好調をアピールした。春の盾は3年連続の出走。苦労を重ねた7歳馬が3度目の正直といくか。栗東CWで3頭併せのデルタブルースは、予定通りに馬なりながら気配は上々。ネヴァブションは美浦南Wで北村宏を背に好時計をマーク。3連勝の勢いそのままに大舞台へと殴り込む。
 見栄えする栗毛の馬体がダイナミックに弾んだ。アイポッパーはいつものように栗東坂路で18-18と軽めに流したあと、DWで単走追い。しまい重点だったが、6F84秒5-39秒8-12秒1をマーク。シャープな切れを見せ、雨で水気を含む重いチップを蹴散らした。「馬場が悪いからこんなものじゃないかな」とまたがった土屋助手も納得の表情を見せた。

 盾の王道・阪神大賞典を休養明けで快勝。7歳馬ながら、伸びしろを残す出来の良さだ。「いつもならレース後はカイ食いが悪くなって、回復に手間取る馬。それが、今回は珍しく回復が早かった。時計も思ったより早く出せたからね。大したもんだね」。充実ぶりは仕上げ人も驚くほどだ。
 良馬場が前提。これまで大一番では運も味方しなかった。幸い、週末の天気も晴れ予報。しかも過去にないほど胸を張れる出来で挑める。「7歳でこんなビッグチャンスが来るとは思ってもいなかったよ」。すべてがかみ合い、G1獲りの夢が現実味を帯びてきた。
 安藤勝は昨年の阪神大賞典以来のパートナー。1週前追い切りにも騎乗し、久々となるその背の感触を確かめた。「昨年、乗ったときは“これでいいの?”って感じだったし、出来もよくなかった。馬場も悪くて力を出し切っていない。素直でまじめ。操作しやすい馬だし、今度は出来もよさそう」と力を込める。
 先週は京都の開幕週。先行馬が止まらない絶好の馬場にアンカツも好感触を得ている。「今の馬場に合うタイプ。それだけにゲートが大事」と口元を引き締める。群雄割拠。大混戦に「抜けた馬がいないからうまく立ち回った馬が勝つ。この馬にもチャンスがあると思っているよ」。3度目の盾挑戦を迎える7歳馬に巡ってきたチャンス。悲願のG1制覇へ-。一昨年の盾男が導く。

好調なんですね。でも、7歳かア・・・

買わないかな~~ww

でも、どうなんだろう、重馬場でこの調子を保てるのであれば、

当日の良馬場ではもっとすごいことになるのかしら?

 

http://news.livedoor.com/article/detail/3136405/

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。