[PR] ネット証券 天皇杯 メイショウサムソン 豪快 口コミ情報局
天皇杯 メイショウサムソン 豪快・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯 メイショウサムソン 豪快


「天皇賞(春)・G1」(29日・京都)、古馬の頂点へ。昨年の2冠馬メイショウサムソンが25日、栗東DWの追い切りで豪快デモを行った。テンが速かった分、ラストは少しかかったが、6F76秒5の1番時計をマークした。休み明けだった前回に比べて、さらに状態は上昇モード。主役不在の混戦を断つにふさわしい仕上がりをアピールした。
 獲物を狙う野獣のようだった。メイショウサムソンは栗東DWでメイショウディオ(5歳準オープン)と併せ馬。10馬身以上離れた“標的”を目指して、グングンと差を縮める。4角で捕まえると外に体を並べた。最初の差が大きかった分、最後は苦労しながらも同時にフィニッシュを決めた。6F76秒5-38秒1-12秒2。堂々の1番時計をマークした。
 予定の内容とは若干違ったが、高橋成師はノープロブレムだ。「もう少しテンはゆっくりのつもりだったので、しまいがちょっと悪くなった。でも、全体的にこれだけビシッとやれる状態なのはいい」。調教パートナーが動き過ぎた面はあったが、スピード感にあふれて、最後もしっかりと踏ん張

っていた。元気いっぱいの証拠。体調は確実に上昇カーブを描いている。
 ケイコをつけた石橋守も同様だ。「休み明けを使って順調に来ている。思ったより速い時計だったが、疲れもなく反動もない。かなり追いかけていたので、あんなものでいいんじゃないかな」。ハードな内容でも、へこたれる面は見せていない。相棒のたくましい姿に目を細めた。
 4歳を迎えて成長を遂げた。復帰初戦の大阪杯。「折り合いだけに気をつけて乗った」と振り返った。同じ休み明けで引っ掛かった神戸新聞杯を思い浮かべながら、息を合わせることに細心の注意を払った。スローの流れも動じることなく、見事に1番人気に応えた。「いいレースができた。古馬の風格というか、いい感じで来ている」。有馬記念後の放牧の効果もあり、精神面でリフレッシュしたことに加えて、以前に比べ、やんちゃな面も影を潜めた。
 未知の三千二百メートル。「(長距離は)大丈夫だと思う。各ジョッキーが思っていることだけど、折り合いがカギになる」。気分よく走らせることができれば、結果は自然とついてくるはず。菊花賞はレコード決着で、高速馬場も向かなかった。「流れひとつ」。チャンスは十分にある。
 血統的にも派手ではないサムソンと、いぶし銀のベテラン石橋守。皐月賞、ダービーの2冠を制するなど昨年のクラシックを席巻した。「ボクにG1初制覇をもたらしてくれた。ダービー馬として恥じないレースをしたい」。派手なパフォーマンスはいらない。“渋いコンビ”が、古馬戦線でも王道を歩む。

メイショウサムソンかあ・・・

いや~~~悩むなあ~~

前回一番人気ではずしたし・・。

今回は穴を狙おうと思ってるんだけど、

この記事をみると、やっぱり買っちゃう?www

http://news.livedoor.com/article/detail/3136421/

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。