[PR] ネット証券 アドマイヤオーラ 皐月賞 口コミ情報局
アドマイヤオーラ 皐月賞・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤオーラ 皐月賞


アドマイヤオーラが調子いいようですね。

父親のアグネスタキオンも皐月賞馬。

武豊騎手が乗るんですね。

いや^~

注目馬ですね。

詳しい記事はこちら

 「皐月賞・G1」(15日・中山)、1冠目は渡さない。弥生賞馬アドマイヤオーラが栗東DWで鋭い伸びを披露、皐月賞獲りへの意欲を存分に見せつけた。武豊も前走で自信を深めた様子。自慢の切れ味が再びさく裂するか。一方、弥生賞で2着に好走したココナッツパンチは美浦坂路を馬なりで3F36秒8-11秒9。絶好の手応えが、この中間のさらなる進化を物語っていた。
 暖かい春の日差しに照らされて、筋肉のパーツがキラキラと光る。ゆっくりと栗東DWコースへ入っていくアドマイヤオーラ。だが、本当の魅力は走り始めてから発揮される。
 スピードに乗れば乗るほど、さらに輝きを増していく。単走でゆったりと始動し、直線はビッシリ追われた。本番では武豊が騎乗するが、調教では岩田が手綱を取りサポート。名手によって万全の仕上げが施された。鞍上の気合に反応すると、突き刺さりそうなほど鋭角なフォームに。重心が一気に低くなり、ゴール間際では空気を切り裂くように駆け抜けた。6F87秒6-39秒9-11秒6。ラストの伸びは文句なしだ。
 「きょうはあれでいい」と松田博師は満足げにうなずいた。攻めを積んでもテンションが高くならず、仕上げやすいタイプ。「ケイコをやるたびに落ち着いてきている。やりだしたら、おとなしくなるな」と順調な過程を振り返った。アドマイヤムーン、ドリームパスポート、そして異父兄のアドマイヤジャパンなど、これまでも多くの名馬を手掛けてきたトレーナー。オーラは、それら一流牡馬の中でも「切れ味では一番かもしれんな」と高く評価できる逸材。期待がますます膨らんできた。
 共同記者会見に臨んだ武豊の表情にも、大きな期待がにじむ。前走の弥生賞では、あえてハードなレースを課した。「デビューから楽な競馬をしてきたから、時計を出すような、きつい競馬をさせた。そういう経験は大きいと思う」と本番を意識して戦ってきた。過去の弥生賞勝ち馬は、父のアグネスタキオンも含めて皐月賞で10勝の好成績を挙げている。「本番前に意味がある内容と結果だった」という言葉に戴冠への手応えが感じられた。牡馬クラシック最初の1冠。万全の過程を踏んできたオーラが頂点に立つ。

http://news.livedoor.com/article/detail/3117128/

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。