[PR] ネット証券 カタマチボタン 西高東低を崩せるか? 口コミ情報局
カタマチボタン 西高東低を崩せるか?・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタマチボタン 西高東低を崩せるか?


いいね~~

やる気満々の意気込みです。

まさに殴りこみ!|ョ´Д`*)ハァハァハァハァ

遠征なんて何のその。

関東の時代をつくる足がかりとなるのかな?

やっぱり、お祭りの前はこうでなきゃw

詳しい記事はこちら

◆桜花賞(8日・阪神) 関東馬が頑張っている。先週までに重賞12勝。昨年同時期の7勝を大きく上回る数字を残している。長く続く“西高東低”の流れに変化が起きつつある07年。逆襲を図る美浦のホースマンにスポットを当て、GIに向かう意気込みを語ってもらう。

 カタマチボタンで桜花賞に出走する加藤征弘(ゆきひろ)調教師(41)は、今年のリーディング争いで11勝の3位にランクインしている。実は半分以上の6勝を京都で挙げている関西馬キラーだ。

 リスクを避けたいはずの遠征にアレルギーがあるとは思えない。今年は地方交流競走を含めて76頭が出走。約半数の35頭が関西エリアの出張だ。数字から見ても、東西どちらの所属厩舎か判別しがたいほど。ダートで3戦3勝のシャドウストライプに限っては、関東で一度も出走していない。地元に適鞍があるにもかかわらず、わざわざアウエーに殴り込んでいる。

 「馬のことを考えれば、関東で使うのがベストかもしれない。絶対勝てるような馬をあえて持って行くことで、関西馬に勝てば馬主さんへのアピールになる」。決して関東が劣っているわけではない。加藤師は“西高東低”のイメージ打破のために自らリスクを背負って闘っている。

 遠征過多の経験が二次的な効果も生んだ。ダノンスイショウ(牝4歳)が競馬場の馬房に空きがなく、栗東入りした時のことだ。前日入厩でイレ込んでしまった馬が、栗東のプールを使用することでカイバ食いがプラスに転じた。選択肢が広がった好例だ。

 今回のカタマチボタンも遠征で積み重ねたノウハウを生かして、自信を持って送り出す。「能力はヒケを取らないと持っている。強い馬はいるけど、関東馬がここ3年で2回勝っている(04年ダンスインザムード、06年キストゥヘヴン)ので、今年もいい成績を残したい」と力強く言った。“関東の時代”を取り戻すため、野心にあふれている。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070406-00000002-sph-horse

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。