[PR] ネット証券 カヤノザクラ 波乱を演出できるか? 口コミ情報局
カヤノザクラ 波乱を演出できるか?・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヤノザクラ 波乱を演出できるか?


ウォッカなどの強い馬ばかりに注目されがちな

桜花賞だが、他の馬だって不気味に待機しているぞ。

何をしでかすか分からないのがこの馬

カヤノザクラ

桜つながりでどんな波乱を見せられるか楽しみだ。

枠順にはすこし不満があるようだけどねw

詳しい記事はこちら

有力馬がそろって外枠に入り波乱ムードも漂う「第67回桜花賞」。穴候補は木曜に追い切られたカノヤザクラ。高松宮記念で13番人気2着のペールギュントと同じ橋口厩舎。絶好の1番枠を引き当てた逃げ馬ショウナンタレントともども不気味だ。3強はウオッカが14番、アストンマーチャンが15番、ダイワスカーレットは大外18番に入った。馬券はあ日前売りされる。

 桜花賞組で唯一、木曜追いを敢行したのが橋口厩舎のカノヤザクラだ。坂路での単走。真一文字に馬場の真ん中を駆け上がり迫力満点の動きを披露。全体時計は4F55秒1と平凡だったが、実質3Fからのラスト重点のものでラスト2Fは11秒8、12秒3の速いラップでまとめた。

 橋口師は「乗り役を乗せるとテンションが上がるので助手で追い切った。馬力のある大型馬(前走時514キロ)で、きょうも力強い動きを見せてくれた。状態に関しては本当に文句なしだな」と胸を張る。それでも勝算については「今回は相手が強い」と強気の言葉は聞かれなかった。

 だが、こんな時ほど橋口厩舎の馬が激走する。最近では高松宮記念のペールギュントが似たようなムード。13番人気ながら2着に突っ込んで大波乱を演出。この時もレース前に師は「馬の状態はいいんだが、初めての1200メートル戦。どんな競馬になるか。流れについていけるとは思うが追い込んでどこまで、だな」と気がなさそうに話していた。鞍上もペールギュントと同じ上村が手綱を取ることでますます怪しいにおいがする。

 昨年の新馬勝ちの後は使うごとにテンションが上がり結果が出なかったが、リフレッシュ放牧したこと、メンコをつけたことで休み明けの前走・ファルコンSでは2着と走りが一変した。昨秋のファンタジーS6着、フェアリーS5着のふがいないレースぶりがこの馬の姿と軽視するのはあまりに危険。精神面の成長が大きい今なら初距離の1600メートルも難なく克服するはずだ。

 外めの6枠12番。「本当はもう少し内が良かったが、前に壁をつくって流れに乗れるところ」(橋口師)なら、上昇カーブを描く状態の良さを生かし波乱を演出する可能性は十分だ。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070406-00000023-spn-spo

スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。