[PR] ネット証券 安田記念 ダイワメジャー 口コミ情報局
安田記念 ダイワメジャー・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念 ダイワメジャー


競馬を攻略したいと思い、一生懸命やっているのですが、

昨今のG1の荒れにはついていけませんw

今回の安田記念の注目馬は

ダイワメジャーでしょうか?

ダイワメジャーどうでしょう・・・・

 「安田記念・G1」(6月3日・東京)、ドバイデューティフリーで3着に好走したダイワメジャーが、日本での復帰戦を迎える。美浦Wで迫力満点の動きを見せ、仕上がりの良さをアピールした。高松宮記念Vのスズカフェニックスは、栗東坂路でアクシデントに見舞われたものの、鞍上の好騎乗でピンチを回避。G1連覇へ向けて、馬体もきっちり仕上がった。G1馬オレハマッテルゼも復調気配が漂う。
 地元では負けられない。日本の総大将ダイワメジャーが美浦Wで抜群の動きを披露し、迫力満点のパフォーマンスを見せた。シュフルール(障害未勝利)を5Fで2秒8と大きく離れて追走し、3Fでも2秒の差。そこから一気に差を詰めて、1Fではパートナーを射程圏に入れ、最後は末脚を爆発させた。終わってみれば3馬身の先着。5F61秒3-35秒4-11秒8と規格外の時計をマークした。
 「今週はビシッと追い切った。予定通りの調教ができたよ」と上原師は大きくうなずく。これまでドバイ遠征帰国初戦で白星を挙げた馬は、23頭中3頭しかいない。そのうち中央のG1を勝ったのは、01年のエリザベス女王杯を勝ったトゥザヴィクトリーだけ。それだけドバイからの遠征帰りは調整が難しい。「馬体重も秋と同じくらいの530キロ前後でいけそうだよ」。陣営に不安の文字はどこにもない。天皇賞・秋、マイルCSとG1を連覇したころと変わらぬ出来で臨める。
 安田記念は3度目の挑戦となる。これまでマイル戦で7割5分の連対率を誇りながらも、このレースでは05年8着、昨年は4着に敗れてきた。「過去2年と比べて馬が精神的、肉体的に成長している。今回は自信を持って臨める」と言い切る。昨秋からの充実ぶりは目覚ましく、日本でG12勝、世界の一線級が集まったドバイデューティフリーでも3着に好走した。“3度目の正直”で栄冠をつかむための態勢は整った。
 世界でもまれた昨年の最優秀短距離馬。今度は世界の強豪を日本で迎え撃つ。トレーナーも「今年の初戦でもあるし、いい競馬をしてもらいたい」と気合が入っている。6歳を迎えて充実のSS産駒。4個目のG1をもぎ取るとともに、世界に日の丸パワーを見せつける。
http://news.livedoor.com/article/detail/3181979/
スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。