[PR] ネット証券 桜花賞 ウォッカ最強か? 口コミ情報局
桜花賞 ウォッカ最強か?・これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞 ウォッカ最強か?


<桜花賞:追い切り>
 四位洋文騎手(34)を背に追われたウオッカ(栗東・角居)が、万全の出走態勢を整えた。Cウッドコースの3頭併せで遅れたが、精神面を考慮し意識的に早い時計を出さなかっただけ。5ハロン67秒9に角居勝彦師(43)も納得の表情を見せた。ライバルを圧倒してきた走りで、まずは1冠を手にする。チューリップ賞での首差逆転を狙うダイワスカーレット(栗東・松田国)は、坂路で豪快な伸びを披露した。
 最終調整のテーマは「やり過ぎない」ことだった。ウオッカの追い切りを終えた四位騎手は言った。「しまいをセーブする追い切りをして欲しいと言われた。予定通りだよ」。Cウッドコースでの3頭併せは、時計が5ハロン67秒9-12秒3(馬なり)だった。エキゾーストノート(古馬1000万)とマヒオレ(3歳未出走)を最後方から追走し、ゴールでは首差の遅れ。2頭にわずかに届かなかったが、あん上に最後まで派手なアクションはなし。遅れたのではない。意識して前を抜かなかっただけだ。

やりすぎないことが最終調整とのこと。

余裕のテーマですな。

意識して前を抜かないなんて・・・


 1日に坂路で51秒1-12秒2(馬なり)をマークした。3月28日にはCウッドの3頭併せで先着。2本の追い切りで精神状態は確実に競馬モードへと切り替わった。「レースの前になるとピリピリして、人を近づけさせないような雰囲気になってくる」と村山助手。一見して地味に映ったこの日の走りも、少しでも手綱を緩めたら飛んでいきそうな手応えだった。「気合が乗り過ぎている」と四位。必要なのは鍛えることでなく、整えること。これ以上、馬の気持ちを追い込むべきではない。

この馬案外神経質かもね。

ぴりぴりして人を寄せ付けないというのは気合が乗りすぎている?

ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

レースは大丈夫か?

速過ぎる時計を出さないようにするために、併せ馬のパートナーをディアデラノビア、ハットトリックという重賞ウイナーから条件馬に変更。細心の注意を払い、計算通りに仕上げた。角居師からは「100%」と、思わず笑みがこぼれた。
 あとはレースで、全能力を出し切るだけ。披露してきたパフォーマンスは、他馬を一枚も二枚も上回る。チューリップ賞で対戦したダイワスカーレットの安藤勝騎手は、恐ろしく楽な手応えで並び掛けてくるウオッカの迫力に「思わず笑った」という。ライバルをあきれさせるほどの強さを、この馬は秘めている。
 桜花賞の結果次第では、ダービーで牡馬と激突するプランもある。歴史的な名牝への道を歩むパートナーに、四位も「日曜日までアクシデントがないように祈るだけ」と全幅の信頼を寄せる。今年の桜花賞は「3強」ではない。間違いなくウオッカの「1強」だ。【鈴木良一】

しかし、間違いなくウオッカの1強っと言い切ってる当たりが

すごい自信をうかがわせる。

悩む!

日曜日まではあと数日あるから今後アクシデントが無いことを祈る。

でも、1強より3強の方がおもしろいんだけどなw

引用元:http://sports.yahoo.co.jp/news/20070405-00000000-nks-horse.html


スポンサーサイト
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。