[PR] ネット証券 口コミ情報局
これから話題になる事間違いなしヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープインパクト CMでも一流


昨年の天皇賞・春を制した7冠馬ディープインパクトが、引退後初めてCMに登場する。出演するのはサントリーコーヒー「BOSSレインボーマウンテン」の「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」第7弾「牧場」編。ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズがきゅう務員に扮(ふん)し、種牡馬続きを読む
スポンサーサイト

青葉賞 オーシャンエイプス


ダービーTR「青葉賞・G2」(28日・東京)、新緑がまぶしい季節に、スター候補生が東上。オーシャンエイプスが、ダービー(5月27日・東京)のトライアルに参戦する。鮮烈な新馬勝ちのあと、思わぬ回り道をした。出走には抽選突破が必要だが、潜在能力は間違いなく一級品。長い直線で、淀の直線で放った衝撃がよみがえるか。
 長い直線で、圧勝劇を演じた姿を取り戻す。強烈なインパクトを刻んだ初勝利のあと、オーシャンエイプスに2度目の勝利は訪れていない。高性能を示しながら続けた足踏み。その間にも、時は容赦なく進む。世代の頂点を決める舞台の席も、残りが少なくなってきた。トライアルでの権利奪取に力が入る。
続きを読む

ディープインパクトの再来


ダービーTR「青葉賞・G2」(28日・東京)、これだけのタイム、動きでも、まだ全力ではないという。それもそのはず。ナタラージャは「ケイコだけならディープ(インパクト)級に動く」と、片山助手がさらりと言ってのけるほどの器。それだけ能力を買っているからこそ、この素質馬を夢舞台へ送り出したいという思いは強い。 栗東DWでドリームサンデー(3歳500万下)を0秒5追走してスタート続きを読む

アイホッパー 重馬場なんのその


「天皇賞(春)・G1」(29日・京都)、アイポッパーは栗東DWでしまい重点。数字以上の切れで好調をアピールした。春の盾は3年連続の出走。苦労を重ねた7歳馬が3度目の正直といくか。栗東CWで3頭併せのデルタブルースは、予定通りに馬なりながら気配は上々。ネヴァブションは美浦南Wで北村宏を背に好時計をマーク。3連勝の勢いそのままに大舞台へと殴り込む。
 見栄えする栗毛の馬体がダイナミックに弾んだ。アイポッパーはいつものように栗東坂路で18-18と軽めに流したあと、DWで単走追い。しまい重点だったが、6F84秒5-39秒8-12秒1をマーク。シャープな切れを見せ、雨で水気を含む重いチップを蹴散らした。「馬場が悪いからこんなものじゃないかな」とまたがった土屋助手も納得の表情を見せた。
続きを読む

天皇杯 メイショウサムソン 豪快


「天皇賞(春)・G1」(29日・京都)、古馬の頂点へ。昨年の2冠馬メイショウサムソンが25日、栗東DWの追い切りで豪快デモを行った。テンが速かった分、ラストは少しかかったが、6F76秒5の1番時計をマークした。休み明けだった前回に比べて、さらに状態は上昇モード。主役不在の混戦を断つにふさわしい仕上がりをアピールした。
 獲物を狙う野獣のようだった。メイショウサムソンは栗東DWでメイショウディオ(5歳準オープン)と併せ馬。10馬身以上離れた“標的”を目指して、グングンと差を縮める。4角で捕まえると外に体を並べた。最初の差が大きかった分、最後は苦労しながらも同時にフィニッシュを決めた。6F76秒5-38秒1-12秒2。堂々の1番時計をマークした。
 予定の内容とは若干違ったが、高橋成師はノープロブレムだ。「もう少しテンはゆっくりのつもりだったので、しまいがちょっと悪くなった。でも、全体的にこれだけビシッとやれる状態なのはいい」。調教パートナーが動き過ぎた面はあったが、スピード感にあふれて、最後もしっかりと踏ん張続きを読む

メイショウサムソン 枠番決まる


29日に京都競馬場で行われる天皇賞・春(4歳上牡牝、GI・芝3200m)の枠順が、26日に確定した。

 大阪杯(GII)を勝った昨年の2冠馬メイショウサムソンは3枠6番、阪神大賞典(GII)を勝ち重賞2連勝中のアイポッパーは4枠8番、昨年のメルボルンC(豪G1)を勝ったデルタブルースは8枠15番にそれぞれ入った。馬券は27日(金)に新橋、後楽園、難波、梅田の各ウインズで午後4時から7時まで前々日発売される。枠順は以下の通り。

続きを読む

爆笑問題田中 万馬券あてた


なんともすごい話です。田中さんはいつも穴狙いだったんですね。

しかしあの皐月賞でよく的中させましたね。

羨ましい。

これで、当たった人は本当にもうかりましたよね。

夢の万馬券です。

 

私は見事に外れましたが・・・・・

逃げ馬が本当に逃げ切ったというレース・。

ああ・・おめでとうございます。

続きを読む

河内洋騎手がマスターズ優勝


こういうレースってΣd(・∀・)イイ!!ですね。

皆も楽しみにしてみていたようです。

是非、馬のマスターズもして欲しいですwww

東京競馬場で22日、日本ダービー(GI)またはオークス(GI)に優勝経験のある9名の元騎手たちによるエキシビションレース・ジョッキーマスターズ(芝1600m)が行われた。

 最終レース終了後、細江純子さん、横山典弘騎手、後藤浩輝騎手による3頭の誘導馬を先頭に、騎乗馬に跨った騎手たちがパドックを周回すると、ファンも騎手も笑顔いっぱいの和やかな雰囲気に包まれた。

 

続きを読む

フローラS、ベッラレイアが大外一気


22日、東京競馬場で行われたフローラS(3歳牝、GII・芝2000m)は、秋山真一郎騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.8倍)ベッラレイア(牝3、栗東・平田修厩舎)が後方追走から直線で大外に持ち出すと、先に抜け出した4番人気ミンティエアーをクビ差交わし優勝した。勝ちタイムは2分00秒8(良)。さらに1/2馬身差の3着に逃げ粘った3番人気イクスキューズが入った。なお、上位3頭にはオークス(GI)の優先出走権が与えられる。

続きを読む

デルタ&ポップ 今年も豪G1参戦


2年連続ワンツーへ。栗東・角居きゅう舎のデルタブルース(牡6歳)とポップロック(牡6歳)が、メルボルンC・豪G1(11月6日・フレミントン競馬場、芝三千二百メートル)に今年も参戦することが続きを読む

トーセンブライトが弾んだ


「アンタレスS・G3」(22日・京都)、美浦Wでトーセンブライトが弾んだ。最終追い切りは迫力十分の動き。かなり後ろから2頭を追走したためゴール板では遅れたが、指揮官は時計的にも、その動きにも合格点を与えた。栗東ではクーリンガーがCWで併せてしぶとく並入。マンオブパーサーは坂路で上々の反応だった。
 迫力十分の最終リハだった。美浦Wでメインセイラー(3歳未勝利)とフサイチジュエル(3歳500万下)を、トーセンブライトは2秒近く後ろから追いかけた。大きくあいていた差を、力強いフットワークで少しずつ詰めていく。
 続きを読む

大井「JBC競走」予定通り開催決定


大井競馬場は支援打ち切りになったようですが、それでも

中止しないようです。

続きを読む

岡部 よみがえる


22日の東京2日目最終レース後に行われるメモリアル・レース「ジョッキーマスターズ」(千六百メートル芝)。日本ダービーまたはオークスの優勝経験を持つ、引退騎手9人で争われる。岡部幸雄元騎手(58)=現・JRAアドバイザー=がコンビを組むのは、これまで調教してきたクウェストルージュ(牡3歳)。水曜には本追い切りをこなし、調整は最終段階に入っている。
 19日は美浦北Cで汗を流した。岡部元騎手はパートナーのクウェストルージュにまたがり、1F18~20秒台の軽いキャンターで馬場を2周。前日の18日には5F74秒1-56秒0-39秒5-12秒7の追い切りを行っている。
 続きを読む

武豊2900勝


またしても史上最速&最年少で節目V-。武豊騎手(38)=栗東・フリー=が21日の京都7Rでニルヴァーナに騎乗して逃げ切り、JRA通算2900勝を達成した。岡部幸雄元騎手(2943勝)に次いで史上2人目。87年3月のデビューから20年2カ月での大台到達は、岡部元騎手の37年3カ月を大幅に上回っている。
 続きを読む

皐月賞 田中騎手15年ぶり


いや~、。いまさらどうこう言っても

仕方ないのですが、

田中騎手・・・・

おめでとうございます。

皐月賞アラカルトです。

続きを読む

皐月賞 結果


んが~~~~~!!(゚Д゚)クワッ

やっぱりヴィクトリーだったか!!!

目をつけていただけにすっごい悔しい・・・・。

逃げ切りやがったil||li _| ̄|○ il||li

しかし、大荒れでしたな・・・。

勝ったかたおめでとうございます。

詳しい記事はこちら

続きを読む

皐月賞 予想


いよいよ始まります。

皐月賞

一番人気はホウオーじゃなかったんですね。

わたしの予想は

続きを読む

佐賀競馬場 モノポライザー


いや~~つよいっすね。

このモノポライザー

ダントツみたいですね。

もう8歳なのに。

詳しい記事はこちら

続きを読む

皐月賞 一番人気は?オッズ


ホウ、

私はホウオーだと思ったんですが、

ちがったようですな。

でも、まあ納得の人気でしょう。

詳しいオッズ記事はこちら

続きを読む

皐月賞 フサイチホウオー枠順


フサイチホウオーの枠順は1枠1番で

もしかしたら、飲まれる心配があるのではないかという

不安がありますが、

どうやらそうとは

思っていないようです。

逆にロスなくまわれるというとらえ方をしているあたり

余裕を感じますね。

詳しい記事はこちら

続きを読む

アドマイヤムーン


アドマイヤムーンが好成績でした。

JRAは13日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)によるトップ50ワールドリーディングホースを発表し、ドバイデューティフリー(首G1)を制したアドマイヤムーンが125ポンドで、世界7位タイにランクインした。

 第1位は、ドバイワールドC(首G1)優勝馬のインヴァソール Invasorで129ポンド、第2位にはBCクラシック(米G1)2着を最後に引退したバーナーディニ Bernardiniと、シガーマイルH(米G1)を勝ったディスクリートキャット Discreet Catが128ポンドで並んでいる。

 

続きを読む

皐月賞 枠順


フサイチホウオーはなんとも

縁起の良い枠順をひきましたね。

もちろん一番人気でしょう

詳しい枠順はこちら

続きを読む

フサイチホウオー 父を超えるか?


1枠1番というなんとも縁起の良い枠順の

フサイチホウオーですが、父親を超えられるでしょうか?

なんといっても

無敗ですからね。

いや~

順調のようですよ。

やっぱり、一番人気ははずせないよな~~~

詳しいホウオーの状態についてはこちら

続きを読む

皐月賞 枠順決まる


いよいよ枠順がきまったようですね。

こうなればそろそろ予想も本格的にしなくてはなりません。

注目はやはり無敗のホウオーですかね?

あとは、武騎手のオーラ・・

まだ、もう少し材料を集めたいところです。

続きを読む

アドマイヤオーラ 皐月賞


アドマイヤオーラが調子いいようですね。

父親のアグネスタキオンも皐月賞馬。

武豊騎手が乗るんですね。

いや^~

注目馬ですね。

詳しい記事はこちら

続きを読む

天皇賞へむけてサムソン順調


まだ皐月賞も終わっていないのですが、

2週間前情報としてサムソンは順調のようですよ。

まだ、期間があるから安心は出来ませんがね^^:

詳しい記事はこちら

続きを読む

フサイチホウオー 不安材料無し


無敗のホウオーです。

皐月賞でどんな走りをみせてくれるのか

非常に期待しちゃいますよね。

仕上がりは上々のようです。

詳しい記事はこちら

続きを読む

フジビュースタンドできる


(・∀・)ほう

東京競馬場にあらたな楽しみが出来ましたね。

お近くの方は是非楽しんでくださいね。

詳しい記事はこちら

続きを読む

桜花賞 感想


まあ、結局のところ1番3番人気でワン・ツーでしたね~。

よって、馬連で買っていた私は2.7倍というしょぼいあたりでした。

3連複だったらまだ良かったんだよね。

ボタンちゃんは一応マークしていて、

3-15で別にかってたんだけど、

甘かった・・・il||li _| ̄|○ il||li

しかし、やはりチューリップ賞からの連勝って難しいんですね。

今まではテーエムオーシャンしかそれを成し遂げていないので・・

 

詳しい記事はこちら。

続きを読む

桜花賞の気になる結果。順位 払い戻し


はあ~~~

的中したけどだめだったな~~

3連複ボタンちゃん入れておけばよかったな~~

と色々ぼやいて見る私。

詳しい結果はこちら

 

続きを読む
Copyright © 口コミ情報局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。